知っても大してトクはしない雑学コーナー vol.5

【Yシャツ】

私は普段ほとんどTシャツかポロシャツです。日常スーツを着る機会はほとんどないので、Yシャツもほとんど着ません。

しかし時々Yシャツを着るときにいつも思うことがありました。

Yシャツの胴体部分の裾って前後の中央部分だけベロ〜んと長くなってますが、なんでこんなに長く、そして不便なんだ!と。

ワイシャツ 裾

しかしみなさん、ご存知でしたか。これ実は理由があるのです!

昔パンツ(下着)を履く習慣がなかった時代にこの裾が下着を兼ねていたスタイルの名残なんです。つまり昔の人はワイシャツの胴体部分の裾の前後をボタンで留めてパンツ(下着)代わりにしていたのです。

私はいつもこの胴体の裾を両モモに挟み込んで着ていますので、着かたとしては正解!という訳ですね。もちろんパンツは…安心して下さい、はいてますよ^_^。

 

【タコ】

「胴体」といえばこんな雑学が。

タコ。美味しいですよね〜。私はモーリタニア産のタコを5分以上ガチガチに固く茹でて、ダシ醤油につけて食べるのが大好物なんです。これでご飯3杯ほどイケます。糖質オーバーしますが(笑)

さて、一般的に「タコのあたま」と思われているあの風船のようなま〜るい部分は実はタコの心臓や肝臓、消化器などの「内臓」が入っている「胴体」なのです。

たこ

本当のあたまは腕の付け根の辺りにあり、軟骨でできている頭蓋骨の中に脳があるのです。

だから本当は上のようなイラストではなくこうなんですね。

たこ

可愛くなさ過ぎます…。

 

【座高測定】

「内臓」といえばこんなネタが。

昔小学校の時に座高の測定をした覚えがある方いらっしゃいますよね。

座高計

なぜ座高を測定していたかというと、内臓が発達していれば健康であり、座高が高ければ内臓が発達していると言われていたからなんです。

びっくりです…。こんな謎の理論が昭和12年から開始され、昭和33年には学校保健法に定められ、なんと2015年まで続けられていたのです。

内臓が健康であるに越したことはありませんが、私は座高が低い方がいいです^_^;

 


和光医院のメインホームページはこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る