高血圧 塩分制限

どこからが高血圧ですか?

高血圧とは、病院や健診施設などで測定した血圧値が、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上(140/90mmHg以上)の状態をいいます。自宅で測定する家庭血圧では、それより低い135mmHg以上または85mmHg以上(135/85mmHg以上)が高血圧とされます。

日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会(編):高血圧治療ガイドライン2014 2014 ライフサイエンス出版:15,2014より改変

 

高血圧の患者さんの中には、「健康診断では正常血圧だったけど、自宅で測ると高い」という方もおられますので、可能であれば自宅でも測定するようにしましょう。

血圧計はわたしは自宅ではこちらを使っております。もちろん機械なので多少の誤差はありますが、おおむね正確です。

オムロン 電子血圧計 上腕式 腕帯巻きつけタイプ HEM-7130

家庭血圧の降圧目標値をみると、若年、中年、前期高齢者(75歳未満)では135/85mmHg未満です。一方、75歳以上の後期高齢者では、それより高い145/85mmHg未満を目安としています。高齢になるとさまざまな臓器の機能が低下していることが多く、血圧低下が臓器の機能に悪影響を及ぼす可能性もあるため、慎重に治療する必要があります。

また、糖尿病、蛋白尿のある慢性腎臓病(CKD)を合併している患者さんの降圧目標値はより低く、125/75mmHg未満とされています。糖尿病や蛋白尿のあるCKDを合併している高血圧患者さんは、心筋梗塞、脳卒中などを発症するリスクが高いため、より血圧を下げ、これらの疾患を予防するために厳格な目標値が設定されています。

食事はどんなことを気をつければいいの?

食塩を摂り過ぎると血圧は上昇します。日本高血圧学会の減塩委員会は、高血圧の方では1日6g未満を推奨しています1)。また、血圧が正常の方でも高血圧予防のため食塩制限が重要で、男性1日8g未満、女性は7g未満とされています1)

減塩のコツ

揚げ物
料理にかけるしょうゆやソースは少なく(味付けされている料理にはかけない)
麺類
うどん、そば、ラーメンなどのつゆは飲まない
汁物
みそ汁は具だくさんにして、汁は残す
桶寿司
寿司、サンドイッチ、炊き込みご飯など、味の付いた主食はできるだけ食べない
煮物
味のしみた煮物は1日1〜2品に
レトルト食品
レトルト食品、インスタント食品などの加工食品はなるべく避ける
コロッケ
できあいのお総菜を使いすぎない
固形スープの素
だしやスープの素を避けなるべく自家製で
レストラン
外食は1日1回まで
調味料
塩味が足りないときは、香辛料、薬味をかけて味をしめる

 

塩分を控えて、おだしをしっかり使えばミネラルもたっぷり取れます。高血圧は万病の元となる怖い病気です。

血圧を上手にコントロールして健康なハッピーライフを!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る