カロリーフリー、カロリーゼロ、違いは?

最近はスーパーなどに行ってもどこに行っても本当によく見ますよね。「カロリーゼロ」「無」「ノン」「レス」「フリー」。これらの文字。

患者さんによく聞かれるのが「糖質ゼロってどういうことですか?」「糖質ゼロならいくら食べ飲みしてもいいのですか?」という質問です。

まず食品表示基準においては「糖類」というのは「糖質」の一部です。「糖質」には多糖類(オリゴ糖、でんぷん、デキストリン)、二糖類(麦芽糖、ショ糖、乳糖)、単糖類(ぶとう糖、果糖)などが含まれ、「糖類」はこのうち二糖類と単糖類を指します。多糖類(オリゴ糖など)は「糖質ゼロ」では使用できないので「糖類ゼロ」という表記で甘味料として使用しています。そのため「カロリーゼロ」なのに甘くておいしくできるのです。

糖質フリー 糖尿病 カロリーゼロ

では「カロリーゼロ」であればいくら摂取してもいいのでしょうか?

答えは「NO」です。じつは「ゼロ」ではないものもあります。100mLあたり5Kcal未満ならば表現として「カロリーゼロ、無、ノン、レス、フリー」としてもいいのです。100mL当たり糖類が0.5g未満なら「糖類ゼロ」と表示できます.

パッケージに書かれている「栄養成分表」に「炭水化物」があれば、その中に「糖質」「糖類」が含まれています。

そして何より怖いことがあります。それは人工甘味料です。「カロリーゼロ」「糖質オフ」「低カロリー」などと表示されている飲み物にはほぼ人工甘味料が使われています。

日本と米国で認可されている人工甘味料には5種類(サッカリン、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムカリウム、ネオテーム)あります。それぞれの甘味料にはそれこそ砂糖の数百倍の「甘み」があり、ネオテームに至っては1万倍以上の甘みがあります。

では人工甘味料にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

①味覚を鈍化させる②ホルモンに影響を及ぼし、結果的に体内脂肪の増加につながる③発がん性や様々な病気を引き起こす危険性がある。この3つです。

まず①についてです。人間の舌には「味蕾(みらい)」というセンサーがあります。塩分や甘みなどを感知するのですが強い刺激を与えれば与えるほど徐々に感度が鈍くなりもっと強い刺激が欲しくなります。味覚は刺激に慣れやすいため、甘味料の強い刺激に対する味蕾の感覚鈍化が危惧されます。次に②です。じつは甘みのセンサーは胃やすい臓にもあります。胃の甘みセンサーが甘みを認識すると「グレリン」という、成長ホルモン分泌を強力に刺激するホルモンが分泌されます。このホルモンは脳の視床下部というところに働きかけ食欲を増進させます。マウスに投与した実験では「体重増加」「脂肪組織の増大」という結果が得られています。最後に③です。

サッカリン→1879年コールタールの研究中に偶然発見された最古の人工甘味料。発がん性が指摘され現在では使用が減っている。

アスパルテーム→胎児の脳の発達などに影響を及ぼす可能性。腫瘍、脳障害、頭痛、気分の著しい変化、 皮膚のポリープ、不眠症、鬱、知能低下を挙げ、短期記憶への影響もあるとの見解もある。

スクラロース→下痢による流産の可能性や胎児奇形の可能性。

というようなリスクがあります。

私の考えです。

誰しも「あ~、なんか甘いもの食べたいな~」というようなタイミングってありますよね。そういう時は人工甘味料を使用した食品などに手を出さず、「自然の糖質」を使った甘いものを「ほんの少々」食べればそれが一番いいんじゃないかなと思います。

健康というものはもちろん血糖値が全てではありません。他のさまざまなリスクも考えればそれが一番だと思います。


和光医院のメインホームページはこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る